古民家が古民家であったころ

古民家にリノベーションして住む

長い期間だれも住んでいなかった空間

土間にある渇いた井戸

光は届かない

時間はとまっている

太い梁がいたるところに低く設置されている

既存の内装を剥がしてみないとわからない

 

 

天井や縁側に使われていた木材の一部など

既存建物の材料を出来る限り流用し

古いものの再利用による

歴史の継承を目指すリノベーションとなった

松原市・羽曳野市・藤井寺市・堺市でリフォームをするなら
http://www.live-w.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です