まずはこちらから

大阪での外壁塗装 適正価格 費用について

屋根リフォーム



商圏

問合せ

■アドバイザー日記
「営業スタッフ」
v

■施工管理の日々
「施工管理スタッフ」
「施工管理スタッフ」

■代表の気まぐれブログ
代表の気まぐれブログ

【オフィシャルサイトはこちら】
オフィシャルサイト

外壁の種類と特徴


ここ最近では、どの業者でも外壁部分に関しては「3回塗りをします」と謳っています。
1回目は下地強化材(シーラー)で、色は透明や白色、淡いクリーム色がほとんどです。
中塗り(2回目)と上塗り(3回目)の上塗りは、同じ塗料を使います。 ここが重要な点です。
業者の90%以上が、この2回目と3回目を同じ色で塗っています。 同じ色で2回塗ると一体どういうことになるのか、想像してみましょう。
同じ色だと、どこまで塗ったのか区別がつかなくなる為、必ず、塗り残しが出てしまいます。中には、「同じ色で塗られていても、我々プロは一目で分かる」という方もいます。
本当に狭くて手の届きづらい所まで、隅から隅までキッチリと塗られているのか、不安が残ります。
もちろん人間なので完璧にいつも100%の塗装を仕上げるのは厳しいのですが、それを目指すのがプロです。 そのためリブウェルリフォームでは、中塗りと上塗りの色に違いをつけて塗装をします。


いかがですか?このように、同色系で濃淡をつけて塗装をすれば、一目見て分かりますね!
完成したすぐの仕上がりでは同じように見えますが、ちょっとした工程の違いが数年後に現れます。
リブウェルリフォームでは、中塗りと上塗りの色の違いをつけて塗り、その都度お客様にご確認していただけるように写真を撮ってお渡ししています。

小学生が見ても分かる! 色を変えての3回塗りで塗り残しを見逃さないようにして、心を込めて塗装しています。


▲TOPに戻る

工事内容


他社と比べてください!リブウェルリフォームの工事内容

工事内容