まずはこちらから

大阪での外壁塗装 適正価格 費用について

屋根リフォーム



商圏

問合せ

■アドバイザー日記
「営業スタッフ」
v

■施工管理の日々
「施工管理スタッフ」
「施工管理スタッフ」

■代表の気まぐれブログ
代表の気まぐれブログ

【オフィシャルサイトはこちら】
オフィシャルサイト

価格だけで業者を選ぶと


塗装後のトラブルとはどういうものがあるの?

同じ塗装工事なら、一番安くやってくれるところに頼みたい。

大切なお金ですから、あなたもそのようにお考えだと思います。

しかし、一方で
安すぎると手抜きされるんじゃないか…
そんな不安もお持ちではないでしょうか?
塗り替えリフォームは、一生のうちで何度もするものでありません。
いくらぐらいが妥当なのか、という適正価格も分かりづらいと思います。

「価格について」でも詳しく説明していますが、適正な塗装工事の価格は、大まかですが
延床面積30坪前後で普及品の塗料を使用した場合の目安は、80~100万円が相場です。
(外壁の状態や塗料によって異なりますので、あくまでの目安としてお考え下さい。)

一般的には、塗り替えリフォームには、以下の料金で構成しています。

 

企業努力によって価格を下げるのは当然のことですが、塗り替えリフォームの場合、実はカンタンに(原価)や(人件費)を省いてしまうこともできてしまうので、単純に価格だけで比較はできません。


素人にはバレない、手抜き工事の手口

塗料を薄めて使う

塗料(ペンキ)は、原液のままでは作業性が悪いので、季節や条件に合わせて少し薄めて(希釈して)塗ります。しかし、必要以上に薄めると、塗装面の耐久性は落ちてしまいます。原価を下げるために、うすーくして塗ることも出来、さらに厄介なことに、完成した時には我々プロの目でも適正な状態と見分けがつきません。
3年ぐらいしてくる塗装した部分が劣化して差が出てくるのですが、それまでは手抜き工事をされたかどうかが分からないのです。

重ね塗りしない

塗替えリフォームは「下塗り」、「中塗り」、「上塗り」と3回塗りをします。しかし、3回とも同じ色を塗るのが一般的なので、本当に3回塗りされているか確認ができません。仮に2回塗りで済ませて手抜きした場合、人件費は単純に3分の2に減らせます。これも完成時には見分けがほとんどできず、数年後に分かることなのです。

下地処理できれいに汚れを落とさない

女性がお化粧をされる前に、必ず洗顔されるのと同様、塗り替えリフォームでも最初に高圧洗浄で水洗いをします。しっかり汚れを落とさずに、適当に水で濡らすだけだったら人件費が下げられます。
上記と同様、完成してしばらくしてから化けの皮が剥がれてくるので、騙された…と言っても後の祭りです。

一般的に営業マンと、実際に施工する職人さんは別人です。
契約を取りたい営業マンは、値段を安くしてしまうこともあります。
あまりにも安い値段で契約した結果、下請けである職人さんにしわ寄せがきてしまいます。
中には、適切な塗替え工事ができず、手抜きせざるを得ないケースもあるようです。とても残念な話です。
我々にプロとしての倫理観が求められるのですが、残念ながら業者によって、ばらつきがあるのが実情です。
価格重視で業者を選んだ結果、手抜き工事をされたら意味が無いですよね。
また、適正な金額の業者であっても、手抜き工事をしてたくさんの利益を取っていたら最悪です。

良い仕事をしている業者がちゃんと生き残っていけるよう、あなたにも業者を見分ける厳しい目を養っていただきたいと思います。


トラブルを未然に防ぎましょう

塗装のトラブル
「重ね塗りをしていない」「塗料を薄めすぎている」
「ぼったくり」「下地調整をしない」「屋根を割ってしまった」
「隣の車に塗料がついてしまった」
「水洗いで、家の中に水が入って壁紙が汚れてしまった」

なぜトラブルが起きてしまうのか?

塗装業者の中で、一番トラブルになりやすいのが訪問販売業者です。
これは国土交通省所管の住宅リフォーム紛争処理支援センターの調査でも明らかになっています。
訪問販売業者というのは契約に徹した会社なので、知識は豊富にあっても実のところ現場に関する塗装技術はありません。

工事はその「ペンキ屋さん」が下請け業者として作業することになります。 見分けの判断も、訪問販売業者と塗装業者では区別がつきにくいところがありますが、資格などで判断はできます。
訪問販売社員のセールスマンは契約の件数に応じた高額な歩合給です。
そのため、オーバーな家の傷みの指摘や契約を急いだり、手抜きを承知のうえで、契約のためならできないものまでもできるという話をする場合もあります。
工事そのものは下請け業者が行うのですが、不当に安い請負代金を予算として与える場合がほとんどなので、いい工事を望むことはできないと思った方が間違いはないでしょう。
悪質リフォーム問題が社会問題化してからは、訪問販売も仕事としてしにくくなっているようで、インターネットをみればわかるように、今では訪問販売系を含めた同じような業者がインターネットにその場を移しています。


塗装後のトラブルとはどういうものがあるの?

 
①外壁にのみ「高級塗料」の外壁塗装。→木部・鉄部が先に痛んでしまう。
コストの都合で外壁にのみ「高級塗料」が使われる場合も少なくなく、 その他の素材にはそれ以下の塗料が使われるケースもあるため、外壁以外の場所に使用する塗料にも気配りする 必要があります。 外壁はまだ塗装しなくて大丈夫でも、木部や鉄部が先に傷んでしまって悩んでいる人は意外にも多いのです。

②重ね塗りをしない薄い塗装→ヒビ・カビ・汚れが再発してしまう。
重ね塗りがなされていないと、長持ちしません。塗料の使い分けにコストが掛かるため、木部にも鉄部用のサビ止め塗料で下塗りしてしまう。これは昔から本当によく聞くお話です。 適正な塗装は、通常3回(下塗り・中塗・上塗り)塗って仕上げます。ただし、同じ色を何回も塗ってしまうと重ね塗りをしているかどうかわかり難くなるため、 下塗りはもちろん、中塗りにも色を変えて塗装する場合もあります。

③塗料のうすめすぎ。→ヒビ・カビ・汚れが再発してしまう。
塗料を塗るためには、水性塗料であれば水、溶剤塗料(油性)であればシンナーである程度うすめてから塗ります。塗料の機能を十分に発揮させるため、何割まで薄めていいかという塗料メーカーの規定があります。もし、業者のコストの都合で必要以上に塗料のうすめすぎをした場合は、塗膜がうすくなると同時に、塗料性能(ヒビ・カビ・汚れに対応する能力)を、大きく低下させてしまいます。

④下地調整(塗る前の下準備)の不足。→塗膜のハガレ。
下地調整をしないまま塗ることは、よごれの上や、はがれかかっている塗膜の上から塗装するということなります。 「最高の塗料」、「うすめすぎ無し」、「3回塗り」でも、はがれてしまえばすべてが無駄に終わってしまいます。

⑤間違った塗料の選択。 →ヒビ・カビが再発してしまう。
ヒビ割れには、ヒビ割れに強い塗料、汚れには汚れに強い塗料を使ってもらいます。業者にしてみれば、家の傷みの状況ごとに塗料を使い分けるのは、 それだけの種類が必要になって、在庫が多くなり管理が大変になります。業者の都合で間違った塗料で塗装してもらわないように、家の傷みに合致した最適な塗料で塗装してもらいましょう。


家の傷みに合致した最適な塗料を使う事が重要!

業者の都合で間違った塗料で塗装してもらわないように、家の傷みに合致した最適な塗料で塗装してもらいましょう。以上、完璧な塗装工事をするためには様々な要因があります。
工事する前とあきらかに思っていた工事と違うような状況の場合も出てくるかもしれません。
もし、業者との話し合いでもトラブルの解消にならない場合は、「住宅リフォーム・紛争処理支援センター」に相談する方法もあります。

リブウェルリフォームはそのような対応は致しません!


▲TOPに戻る

工事内容


他社と比べてください!リブウェルリフォームの工事内容

工事内容